ひとりごと

つぶやき

探しても

良い写真がないのです

 

生前もっと撮っておけばよかったけれど

撮れていなかったことにも気づく ・・・

もっと有ったように思ったけど

しまったところも忘れているようで

思い出せないのだけれど

 

写真の中にいるだけなんだけど

見ていると そばに居るようでもあって

その時に戻れる感覚があります

 

本当に子供のことを

思っていたことがわかるから

 

一緒に過ごしてきた日々は

短い方だったと思うけれど

家族としての時間は

長かったように思える

 

それだけ一生懸命だったものね

 

命を削っていたんだから

 

お酒やたばこは止めてほしかった

 

でも神経がそうさせていたのかな

呑むのと 吸うことで

気が紛れたんだろうな

 

転ぶ心配もあって

隠れてこそっとお酒を飲むから

お金は渡せなかった ・・・