ひとりごと

つぶやき

おとうさんへ

残念なことはいっぱいあるよ

思いだすと悲しくなってね

そんなものかな ・・・

 

今日も知り合いの人に会った時

寂しいでしょう ? そう言われた

確かに 寂しく 思うことも有るけど

仕事をしていると思っていられなかったり

作業中にも集中しないと居られなかったり

生きていかないとと頑張るから

寂しくなっても 切り替えながら

過ごしているから 

人から見ると 笑っているし

平気な様子に 冷たささえ覚えるのかもしれない

 

でも おとうさんはわかってくれていると

何故か思えるというのか 思って暮らしている

 

生きていかないといけないと思い込んだから

 

いたたまれない自分が居るのに

しないといけないことがいっぱいあって

しているうちに強くなれたようにも思う

 

泣いていても 世間は動いていてね

ついていかないと子供まで

途方に暮れさせるから 今が有る

 

一人で遺影に向かって話しかける姿を

人には見せたくないし知られたくもないし

強がって生きているのじゃなくて

主人とのことを大事に思っている

 

そうしていることをおとうさんは

見ているってわかるから